ささくれができる原因とは。。。をわかりやすく

ささくれとは爪の周囲の皮膚が、切ったり引っ張ったりといった

物理的な要因がないのにもかかわらず、自然と部分的にむけてしまった状態です。

爪の根元にある『甘皮』が乾燥するとめくれたり、

ひっかかるとさかむけてきてしまいます。

特に水仕事、紙を多く使うお仕事の方は特に水分・油分がなくなり手の皮膚が乾燥してしまいます。

 

 

日常生活での手荒れの乾燥

乾燥した空気、洗剤などを使用した水仕事、結構な頻度で手を洗う、

入浴時シャンプーなどの液体。

日常生活では手肌の潤いを奪うきっかけがそう思うとたくさんありますね。

 特に水仕事、紙を多く使用するお仕事の方は特に水分・油分がなくなり

手の皮膚が乾燥してしまいます。


②栄養不足

皮膚の原料となるたんぱく質、肌の状態を健康に保つビタミン類、

ミネラル類が不足するとささくれができやすくなります。

皮膚や粘膜を健康的に保つビタミンA、B2、皮膚障害の予防に効く

ビタミンB6や肌を美しく保つビタミンC、ビタミンAの吸収を補う

ビタミンD、傷の治療に役立つビタミンEの不足が原因の一つと

されています。

 

③体調不良や、血行不良

それ以外にも、運動不足などによる血行不良や、体調不良も原因と考えられます。

 

改善したい方は、ささくれを防ぐには でご説明させて頂いております。