ブーツは一度履いたら、中を乾燥!

 

冬でもブーツの中はムレムレですよね。

脱いで寒い玄関に置いていると結露と一緒で中は水滴に。

ジトジトしている所には培地になり菌が繁殖しやすい上、

バリア機能のかかとの角質を自分で削っている場合も

多い。次の日ばい菌の巣窟にまた足を入れる・・

なんてことは避けたいですよね。

女性の水虫は夏より冬の方が多いです。

一度履いたらすぐにしまわず中を乾燥させ、

同じブーツは毎日履かないように。

もし、履くならドライヤーなどで乾かすことをおすすめします。

 

お足もとの裏には臭いの元となるアポクリン腺が多く皮脂や汗、

皮膚表面の垢など脂分が混ざって雑菌が繁殖すると

臭いがたちます。

あまり長時間履かないのが理想的ではあります。

多干渉などで抑えたい場合は、塩化アルミニウムの入った

制汗剤が効果的ですが、ひとによってはアレルギー

反応に注意が必要です。

 

また、ブーツを履いてむくむ場合、ヒールの高さ、サイズ、

締め付け具合の確認をしましょう。

靴を購入する際は午後に!は正解です。