筋トレで鍛える血管!

 

お身体の冷えやむくみは、血管のポンプ機能による

”血のめぐり”と直結しています。

心臓から最も遠い足は、心臓に押し返すポンプ力がたくさん必要です。

ふくらはぎが第二の心臓と言われる理由もそこにあります。

しかし現代では、デスクワークが多くお手洗いも洋式で日常生活で

スクワット、屈伸・・足首の運動をせず筋肉が退化しています。

ポンプ力が弱く、古くて冷えた血を心臓に戻せず、足にとどまってしまう。

それが原因です。

解消するには、ポンプ機能を再開する動きを取り入れればよいです。

 

そこで、空いた時間で筋トレです。

できる運動は拡張と収縮だけですが、血管も筋肉なので心臓の悪いかたは

無理しないで頂きたいですが

”温めて冷やす”筋肉の収縮拡張を繰り返すと効果があります。

また、数分間階段2~3階の上り下りを繰り返す・・

”踏み台昇降”したりすると、ふくらはぎに負担をかけポンプ機能を鍛えられます。

階段がなくても玄関や、お風呂場の段差を活用しても十分です。

 

むくみをそのまま放置してしまうと、静脈の弁が破壊され、

静脈瘤になる場合もあります。

私たちの体は使わないとどんどん弱くなるので血管の小さなトレーニングを

日々行うことは、病気の予防にも効果的なのでおすすめです。

就寝時、お足もとを少し高くして心臓に血が返ってくる状況にしたり、市販の

高温タイツなどの利用も良いです。

冷えについては、足の付け根、へそ周り(丹田)など大きな血管が通っている

部分を温めると体内がポカポカします。