◆マニキュアの語源・・・

日本のおいてマニキュアとは、一般的に爪に塗るネイルエナメルの事とネイルの施術の両方をさしています。

本来はラテン語の「マヌス」(manus=手)と「キュア」(cure=手入れ)からきた「手の手入れ」の事で同様に、

ペディキュアは「ペディス」(pedis=足・キュア)が変化したもので「足の手入れ」をさします。

 

◆古代エジプト時代・・・

ネイルの歴史はかなり古く、古代エジプト時代(紀元前3000以前)から営まれていたといわれています。

ネイルの技術というよりは化粧(手・顔・身体を含むすべての部位に対しての彩色を施していくこと)全般の中の一つの部位に対しての彩

色としてスタートしたと思われます。植物のヘンナの花の汁を用いて爪を染める風習がありました。古代人は特に赤色好んでいたといわれ、太陽の赤、血の赤をあらわし、神聖な色として尊ばれていました。

更にエジプトの古い資料に第6王朝の頃に清潔に保つためのマニキュアを男女共に行っていた記録があります。

 

爪の彩色の始まり・・・

反面、化粧すなわち爪の彩色の始まりは呪術的な意味を強くもっていました。また、ミイラの爪に彩色が残っていたことや、古墳の死骸近くの土やその人骨が赤く染まって発見された事から、朱(水銀朱)は防腐剤としての効果があるということを知って使っていたのではないかといわれています。

古代エジプト時代にはスキンケアのような美容術や、ヘアカラーなどもあり、美容に関してはそこからギリシャ・ローマ時代へと伝えられています。当時は爪の色が身分を表し、王と王妃は濃い赤、その他の者は薄い色しか許されなかったといいます。

 

ギリシャ・ローマ時代~中世・ルネッサンス時代・・・

ギリシャ・ローマ時代においては上流階級の中で、「マヌス・キュア」という言葉が生まれ流行していきます。エーゲ海に臨むギリシャがもともと世界で最初の文化の影響を受けて後にエーゲ文明が生まれました。当時のギリシャの女性は控えめな生活が望まれ健康的な美を理想とし人工的な美は望まなかったと言います。そんな背景からお手入れとしてのマニキュアが流行したことが理解できます。

さらに中世・ルネッサンス時代になると階級層の成り立ちの影響から、芸術、文化が発達し、中でも舞台芸術が化粧の文化を高めていきます。オペラの起源となるバレエが創作され、キャラクターを演じる上で演出としての化粧の表現と共に、指先の演出がうまれます。

そして中世ヨーロッパ時代はハンマムと呼ばれた美容院でクリームを用いて爪の手入れをしていたいうです。

 

マニキュアリストの登場・・・

近年・19世紀、欧米ではいよいよ一般女性にも身だしなみとしてのマニキュアが浸透し始めます。蜜蝋(みつろう)や油などを研磨剤として使い、セーム皮で磨く方法などで、ナチュラルで透けるようなピンク色のネイルがもてはやされます。また、おしゃれからマナーとしてのネイルが確立し始め、職業としてのマニキュアリストが登場します。更に、ネイルの道具(マニキュア箱)なども販売され始めますが、非常に高価でまだ庶民にとって身近なものは言えませんでした。

 

20世紀ネイルの発展・・・

20世紀前半、ここで初めて爪に輝きを持たせる為の爪に塗るもの、この時代のマニキュア用のニスが登場します。1923年、自動車の塗料としての速乾性のラッカーが開発されその副産物として1932年にネイルラッカーが発売されます。現在、我々が使っているネイルポリッシュの誕生です。

1970年代アメリカ、映画の都ハリウッドのメークアップアーティスト(特殊メークアップ)チームにより生まれた「スカルプチュアネイル」、歯科材料であるレジンを使ってのネイルエクステイションが大ブレイクして、瞬く間にネイルサロンが広まり現代に至ります。

 

アジアにおけるネイルの進化・・・

中国では、古くから「爪染め」が行われており、遊牧民の婦女たちも「紅粧」(こうしょう)と「爪紅」(つまべに)を行っていた事が明らかにされています。その後、宮廷において衣装や刺繍の絵柄、化粧法、爪の長さ等は身分階級を表す重要なものへと変わっていきます。

また、蜜蝋と卵白、ゼラチン、アラビアゴムなどを使って染料を作り出し、紀元前600年なると、皇族は金や銀を爪に塗るようになりました。また、西太后が小指と薬指に緑(翡翠:ひすい)の長い爪(護指:ごし)をつけている絵画があり、中国では18世紀にすでに付け爪=護指がありました。それは目を見張るほど高度な技術を持って作られています。

更に、裕福な位にある男女共に小指と薬指の爪を長くする風習があったそうです。長い爪は手仕事をしない高貴な身分の証と考えられていたそうです。

 

飛鳥・奈良時代・・・

日本でも古代より、赤に対しての強い執着心を持っていたと言われます。当時自然界のすべてのものは神によって創造され、また、その神から作られた草木には霊が宿っていると信じられていました。それゆえに、霊の宿る薬草が病気の悪霊を取り除くと信じられていたので、衣類などの染料として使われるものは全てが薬草から選ばれていました。

「紅殻」(べにがら)酸化鉄を主成分としたものが用いられ額の中央や唇の両端に一種の飾りとしての役割を果たす化粧をしています。

その延長線上として、指先を赤く染めていたとも言われていますが、これもアクセサリーとしての感覚に近いのでしょう。

 

平安時代・・・

遊女によって化粧が下層階級にまで広がったと言われています。これは、遊女が宮廷の婦女のような装いをしたためで、化粧が一般に知れ渡るようになりました。ホウセンカと、ホオズキの葉をもみ合わせて爪を紅く染める「爪紅」(つまくれない)も行われていました。

ホウセンカを別名として「ツマクレナイ」と呼ぶのはマニキュアのように花で爪に色をつけたところからきています。

 

江戸時代・・・

紅花を使った染色技術が中国から渡来し紅花栽培が盛んになりました。それは、化粧にも利用されるようになります。同時に爪にも紅を塗ったので「爪紅」(つまべに)呼ばれました。また、紅花を使って唇に紅を濃く塗る化粧は「口紅」と呼ばれました。この時代の文献によると、赤いホウセンカの花弁を杯に入れ、ミョウバンを加え花弁をつぶしながら混ぜ、骨でできた専用の針を使って爪を塗っていくと記されています。染料なので、乾いた爪紅は水で洗っても落ちないで長く楽しめたようです。

 

近代日本におけるネイル・・・

明治時代には、フランスからマニキュア術が伝えられ「磨爪術」(まそうじゅつ)として発達していきました。70年代、日本国内ではアメリカ西海岸ブームが起こり、一つのカルチャーとしてネイルの専門サロンが紹介されました。その後マニキュア技術は、美容室のサロンメニューに取り入れられ、現在のネイル技術の基本となっています。

当時のスカルプチュアネイルは歯科用のレジンに近く、硬度ありすぎて柔軟性にかけ、薄く作ると割れやすいタイプでした。しかし、筆積み法で作られていく方法論は、今日のスカルプチュアに近いものです。それ以前のものはモノマーと、ポリマーを容器に入れ、ウッドスティクで混ぜる使い方のものもありました。

70年代後半、美容業界でもアメリカからネイルの技術と商品の導入が始まります。80年代初頭、ネイル技術を職業とする、マニキュアリストやネイルサロンが出現しました。

1985年日本ネイリスト協会が設立しマニキュアリストは日本では「ネイリスト」と呼ばれるようになります。

90年代にはネイル誌が次々と発刊されネイルムーブメントが起こっていきます。ケアの重要性が見直され、瞬く間にネイルは市民権を持ち始めます。

そこに日本人独自の器用さが手伝ったのは言うまでもありません。イクステイションでなければ表現できない、イクステイションアートなどはその最たるものです。2000年、ジェルブームなども拍車をかけ、ネイリストは職業として社会的に安定していきます。

2006年、日本ネイリスト協会が特定非営利活動法人(NPO法人)とし、新たなスタートを切りました。そして

2012年、内閣総理大臣より公益財団法人として認められました。

現在、幅広い年齢層に支持されており多くの人々の心を豊かにし癒される時代へと向かってきています。

変わらない日常の中に、大切な特別な日に、旅のおともに、気分転換に・・・